Mac miniに買い換えるべきか

Mac mini 2018が発表されました。ようやくのアップデートです。 ということで、CPU性能の面から買い換えを検討してみました。

目次

  1. Mac mini 2018のバラエティ
  2. もう一つの候補
  3. 現在使っているPC
  4. ベンチマークで比較

Mac mini 2018のバラエティ

Mac miniのバラエティは、CPUから見ると3種類になります。Core i3とi5とi7ですね。i7はCTOモデルです。

AppleのウェブサイトにはCPUの型番が書いてなかったりするので、ネットで見つけた情報です。

  • Core i3 8100H 4コア4スレッド
  • Core i5 8500B 6コア6スレッド(Turbo Boost有り)
  • Core i7 8700B 6コア12スレッド(Turbo Boost有り、CTOモデル)

それぞれ、デスクトップ版の基板直付けタイプのようです。

もう一つの候補

先日、Surface Proもアップデートされました。実はこれも買い換え候補です。Core i7モデルもありますが、Core i5だけ考えます。

  • Surface Pro 6 Core i5 8250U 4コア8スレッド(Turbo Boost有り)

これはモバイル用のCPUですね。

現在使っているPC

続いて、投稿時点で使用しているPCです。

  • MacBook Air 2017 Core i5 5350U 2コア4スレッド(Turobo Boost有り)
  • 自作PC Core i7 3770 4コア8スレッド(Turobo Boost有り)

Macbook Airの方は、使っていてちょっと待たされる感じがするので、持ち歩きはiPadに絞ってMac miniにするか、持って歩くならペンが使えるSurface Proにするか、どちらかにしたいのです。

Core i7 3770の方は、メモリが足りない感じになってきたので追加したいのですが、今更DDR3を買うのもねえという思いです。

Macをやめて、Windows一本に戻るのもありかなあとも考えています。でも、iPhoneからのエアドロップが便利なんですよね。

ベンチマークで比較

実機は持っていません(そもそも買い換えの検討)ので、ネットで見つけた情報です。

Cinebench R15とPassMarkは、どちらもCPU性能を比較するベンチマークです。Cinebenchの方がレンダリングに近いベンチ内容ですね。

なお、実際のPCの速さはCPUだけで決まるものではありません。SSDやメモリも影響しますから。

Cinebench R15 シングル

Core i9 9900K 216
Core i7 9700K 218
Ryzen7 2700X 217
Core i5 9600K 202
Core i5 8500 174
Core i3 8100 153
Core i5 8250U 147
Core i7 3770 140くらい?
Cinebench R15 Single

Cinebench R15 マルチ

Core i9 9900K (8C/16T) 2027
Ryzen7 2700X (8C/16T) 1809
Core i7 9700K (8C/8T) 1515
Core i5 9600K (6C/6T) 1094
Core i5 8500 (6C/6T) 971
Core i7 3770 (4C/8T) 676
Core i3 8100 (4C/4T) 568
Core i5 8250U (4C/8T) 546
Cinebench R15 Multi

PassMark シングル

Core i9 9900K 2902
Core i7 9700K 2847
Core i5 9600K 2753
Core i7 8700 2628
Core i5 8500 2399
Ryzen7 2700X 2191
Core i3 8100 2102
Core i7 3770 2068
Core i5 8250U 1932
Core i5 5350U 1348
PassMark Single

PassMark マルチ

Core i9 9900K (8C/16T) 20207
Core i7 9700K (8C/8T) 17698
Ryzen7 2700X (8C/16T) 16969
Core i7 8700 (6C/12T) 15150
Core i5 9600K (6C/6T) 13830
Core i5 8500 (6C/6T) 11885
Core i7 3770 (4C/8T) 9292
Core i3 8100 (4C/4T) 8094
Core i5 8250U (4C/8T) 7660
Core i5 5350U (2C/4T) 3462
PassMark Multi

人は性能が2倍になると速くなったと感じるらしいですが、こうしてみると、Macbook AirからはSurface Pro 6にしてもMac mini 2018にしても速く感じられそうです。

Core i7 3770の自作機とSurface Pro 6がたいして変わらないというのが驚きです。そして、Mac mini 2018のCore i5モデルの方が速そうという。GPUの分だけ自作機の方が速いのですが、GPUを使わない作業ならSurface Pro 6でもMac mini 2018でも不満はなさそうです。

Ryzen7 2700Xも考えていたのですが、マルチスレッドを使い切る作業をしないのであれば、あまり乗り換える効果はなさそうです。i5 9600Kでもたぶん違いがわからないのでしょうね。i7 9700Kにしたいところです。8スレッドが8コアになれば、それだけで速くなりそう。

  • Core i7 3770の買い換え候補は、Core i7 9700K(値段次第ではi9 9900K)にする。
  • Macbook Airの買い換え候補は、Mac mini Core i5モデルにする。

広告

PCカテゴリの投稿