条件分岐

Pythonのif文です。

if 評価式①:
    実行文①
elif 評価式②
    実行文②
else:
    実行文③

elifとelseは省略可です。

上記の場合、評価式①がTrueのときに実行文①が実行されます。その後のelifとelseの実行文は実行されません。 評価式①がFalseのとき、次にelifがある場合は評価式②を評価します。評価式②がTrueならば実行文②が実行され、if~elif~elseのブロックから抜けます。 ifやelifの評価式が全てFalseだったときにelseの実行文③が実行されます。

switchはどうする

Pythonの場合はswitch~caseがありません。if~elif~elseを使って場合分けをします。

わかりやすいと言えばわかりやすいです。

広告

Pythonカテゴリの投稿