FreeCADで初めてのモデルを作る

FreeCADでモデルを作ってみます。

使用環境:FreeCAD 0.17

直方体を作る

操作の流れだけを説明します。ここでは、直方体を作ってみます。

FreeCADを起動して「ファイル」メニューの「新規」を選択すると、このようになります。

新規作成

何もない空間が広がってますね。

Workbenchのプルダウンメニューから、Sketcherを選択します。

ワークベンチの選択

そうすると、ツールバーが切り替わります。

ツールバーの中から「新規スケッチを作成」を選択します。

そうすると「方向を選択」するダイアログが表示されますので、スケッチを描く平面を選択します。

今回はxy平面にします。

スケッチの新規作成

そうすると画面が切り替わります。ツールバーがアクティブになってますね。

スケッチ画面

ツールバーの「長方形を作成」アイコンを選択して、適当に長方形を描きます。

線図の作成

実際にはここで寸法を入力したり図を複雑な形にしたりします。今回は適当な長方形のままにします。

Sketcher Workbenchを抜けるときは、ツールバーの「編集中のスケッチを閉じる」アイコンを選択します。

スケッチを終了する

ワークベンチをPartDesign Workbenchに切り替えます。

ワークベンチの切り替え

ソリッドを作るにはボディーが必要な仕組みになっていますので、ツールバーの「新しいボディーを作成してそれをアクティブ化」アイコンを選択してボディーを作ります。

ワークベンチの切り替え

ボディーを作成するフィーチャーを選択します。

ここではXY_Planeにします。

ボディーの設定

そうするとこのようになります。

treeを見てみると、Bodyの中にSketchが入っているのがわかりますね。

ボディ作成

ツールバーの「選択されたスケッチを押し出し」アイコンを選択すると、スケッチからソリッドが作られます。

押し出し

ここで押し出す寸法を入力してOKすれば、直方体の完成です。

これを繰り返して必要な形状を作っていきます。

広告

FreeCADカテゴリの投稿