Pythonで画像の形に合わせたワードクラウドを作ってみた

Pythonでワードクラウドを作ってみました。今回は、画像の形に合わせたワードクラウドです。プロ生ちゃんに実験台になっていただきました。

目次

  1. WordCloudにマスク画像を指定する
  2. マスク画像を指定したワードクラウドの作成例

WordCloudにマスク画像を指定する

Pythonの wordcloudモジュール でワードクラウドを作成します。

wordcloudモジュールの WordCloudクラスのコンストラクターのパラメーター に、マスクの指定があります。マスクはndarrayの形式で指定します。画素に白色を指定するとマスクされます。

また、ワードクラウドに輪郭線を付けたい場合はcontour_widthを、その輪郭線の色を指定したい場合はcontour_colorを指定します。

マスク画像を指定したワードクラウドの作成例

プロ生ちゃんの画像をワードクラウドにしてみます。

画像は プロ生ちゃんのサイト からダウンロードしたものを、半分のサイズにリサイズしました。

テキストの方はwordcloudモジュールのGitHubリポジトリーのreadme.mdです。

ndarrayを使いますので、NumPyが事前にインストールされている必要があります。また、画像データとndarrayの変換にPillow(PIL)を使いますので、PILが事前にインストールされている必要があります。

from PIL import Image
import numpy as np
from wordcloud import WordCloud

# 元になるテキストの読み込み
with open('readme.md', mode='rt', encoding='utf-8') as fi:
    source_text = fi.read()

# マスクを作成する
mask_array = np.array(Image.open('kei.jpg'))

# ワードクラウドを作成する
wc = WordCloud(mask=mask_array, background_color='white', colormap='bone', contour_width=3, contour_color='gray').generate(source_text)

# そのままファイルに保存する場合はto_fileメソッドで
# wc.to_file('out.png')

# PILで表示する
image_array = wc.to_array()
img = Image.fromarray(image_array)
img.show()

コメントに書いてある通りですが、テキストを読み込んで、画像をndarrayにして、wordcloudを作成して、表示するというものです。

WordCloudオブジェクトのコンストラクターにmaskを指定すると、ワードクラウドのサイズがmaskに指定したndarrayのサイズになります。(heightとwidthが無効になります。)

matplotlibで表示するとmatplotlibがさらにリサイズしてしまうので、そのまま画像を出力するか、PILで表示するのがおすすめです。

では実行例です。

入力したマスク用画像はこれです。 プログラミング生放送 からダウンロードしたixyさんのイラストをペイントで半分サイズにリサイズしたものです。

入力画像

出力結果はこうなります。

出力画像

もっと濃い色の方が良かったかな。

広告

Pythonでワードクラウドカテゴリの投稿