Pythonで大文字と小文字を変換する

Pythonで英文字の大文字と小文字の変換をします。

英大文字のことをUpper Case、英子文字のことをLower Caseと呼びます。

目次

  1. 大文字と小文字を変換する関数
  2. 変換の実施例

大文字と小文字を変換する関数

ret = str.upper() # 大文字に変換
ret = str.lower() # 小文字に変換
変数 内容
ret 変換後の文字列。
str 変換前の文字列オブジェクト。

わかりやすいですね。

変換の実施例

>>> 'Python'.upper()
'PYTHON'

>>> 'Python'.lower()
'python'

>>> 'Python'.upper()
'PYTHON'

>>> 'Python'.lower()
'python'

>>> 'あいうえおアイウエオ'.upper()
'あいうえおアイウエオ'

>>> 'あいうえおアイウエオ'.lower()
'あいうえおアイウエオ'

いわゆる2バイト文字も変換されるとは思いませんでした。

広告

Pythonの文字列処理カテゴリの投稿