Pythonで零行列を作る

PythonのNumPyを使って、零行列を作ってみます。

目次

  1. numpy.zerosメソッドの使い方
  2. 零行列の作成例

numpy.zerosメソッドの使い方

NumPyには零行列を作るメソッドがあります。

from numpy import zeros

out = zeros(shape, [dtype], [order])
変数 内容
shape intまたはtuple 零行列の大きさを示す整数、あるいはタプル。
dtype dtype 省略可。行列の各要素の型。規定値はfloat。
order str 省略可。規定値は'C'。
out ndarray 零行列。

零行列の作成例

まずは行列を作ってみます。

>>> from numpy import zeros

>>> zeros(3)
array([0., 0., 0.])

>>> zeros((3,2))
array([[0., 0.],
       [0., 0.],
       [0., 0.]])

簡単に作れますね。

要素の型を指定してみます。

>>> f = zeros((3,2), dtype=float)  # 浮動小数点数
>>> f
array([[0., 0.],
       [0., 0.],
       [0., 0.]])
>>> type(f[0,0])
<class 'numpy.float64'>

>>> i = zeros((3,2), dtype=int)  # 整数
>>> i
array([[0, 0],
       [0, 0],
       [0, 0]])
>>> type(i[0,0])
<class 'numpy.int64'>

>>> c = zeros((3,2), dtype=complex)  # 複素数
>>> c
array([[0.+0.j, 0.+0.j],
       [0.+0.j, 0.+0.j],
       [0.+0.j, 0.+0.j]])
>>> type(c[0,0])
<class 'numpy.complex128'>

いろいろな型の零行列を作れました。

広告

Pythonの数値計算カテゴリの投稿