• ホーム
  • Mac
  • MacBook Air(JISキーボード )をUSキーボード で使う
アイキャッチ画像

MacBook Air(JISキーボード )をUSキーボード で使う

電器店で購入したMacBook Air(2017)に、Windows仕様のUS配列の外部キーボードをつないでみました。

目次

  1. US配列キーボード
  2. 外部キーボードをMacBook Airにつなぐ
  3. MacのJIS配列とWindowsのUS配列の違い
  4. キーの割り当て
  5. 実際にキーを押したときにどういうコマンドが送信されているか確認する

US配列キーボード

つないだキーボードは、ARCHISS Progres Touch RETRO TKLというテンキーレスタイプのキーボードです。 台湾製でメカニカルスイッチ(赤軸)の静音タイプです。接続方法はUSBです。 キーが2色成形というところが売りみたいです。

USキーボードはプログラミング向きとか言われています。 私は日本語をローマ字入力するので、かなのキーは無くてもかまいません。自宅のPCで日本語を入力するとしてもブログを書く程度なので、お試しにUSキーボードを買ってしまいました。

Appleの外付けキーボードは今は無線のしかないし、結構高価なので、どうせなら良いキーボードにしようと魔がさしたわけです。 Realforceにしなかったのは、単に店頭在庫が無かったからです。

スコスコ入力できる感じで、なかなか気持ちよく使えます。

外部キーボードをMacBook Airにつなぐ

外部キーボードをMacBook AirのUSB端子につなぐと、キーボード設定アシスタントが開きます。

キーボードアシスタントの画像

文面では認識していないようなことが書いてありますが、気にせず「続ける」をクリックします。

次に、shiftの右のキーを押します。

キーボードアシスタントの画像

そして、shiftの左のキーを押します。

キーボードアシスタントの画像

最後に配列を選ぶと使えるようになります。

キーボードアシスタントの画像

MacのJIS配列とWindowsのUS配列の違い

WindowsからMacに切り替えた人は、キーボード のキー配列が結構違うのにちょっとびっくりすると思います。私はしました。

これは、Windows PC(Dynabook KIRA)のキーボードです。

JISキーボードの画像

そしてこれが、MacBook Airのキーボードです。特徴的に違うところに、色を付けてます。

Macキーボードの画像

IMEの切り替えがスペースの横のキーだとか、ファンクションキーのデフォルトがデバイスの操作になってるとか、commandとoptionとcontrolの扱いとかですね。「半角全角」もありません。

JIS配列とUS配列のキーボードも結構違います。

USキーボードの画像

見た目に一番違うのは、enterキーの大きさですね。JISは縦長ですが、USは横長です。キーの数も違います。USのスペースは長いです。 使い勝手で一番違うのは、記号のキーの配列です。JISとUSは全く違います。アンダーバーなんかは、かなり迷います。

キーの割り当て

USキーボードにすると「英数」「かな」が無くなるので、日本語と英数の入力切り替えが面倒になります。そこで、キーのアサインを変更します。 karabiner-elementsで設定するのが王道のようですので、早速インストールして設定します。

インストール自体は一般的なアプリと同じなので、設定だけを書いていきます。

まず、commandキーの空打ちで英数と日本語を切り替えるようにします。 Karabiner-Elementsを起動して、Complex ModificationsタブのAdd ruleをクリックするとKarabiner-Elementsの設定集のサイトが開きます。そこから、For Japaneseのruleをダウンロードして、「コマンドキーを単体で押したときに、英数・かなキーを送信する。」を追加します。

command空打ちの設定

controlとoptionとcommandとfnを並び替えます。

Karabiner-ElementsのSimple Modificationsタブを開いて、Target Deviceを設定変更するキーボードにします。

「Add item」ボタンをクリックして、From keyに実際のキーボードのキーを、To keyにPCが認識するキーの内容を選択します。

ちょっと考えたのですが、下図のようにしました。

修飾キーの設定

CapsはMacと同じくcontrolに、CtrlとAltをcommandに、Windowsキーをoptionに、アプリケーションキーをfnに設定しました。 commandがやたらと多い。

実際にキーを押したときにどういうコマンドが送信されているか確認する

現状のキーのアサインがわからない場合は、Karabiner-Elementsをインストールした際にKarabiner-EventViewerというアプリもインストールされますので、それを起動してみてください。キーを押したときに送信されるコマンドが表示されます。

キーイベントを確認する画像

広告

Macカテゴリの投稿