GSNの描き方

GSN(Goal Structuring Notation)というのはどういうものか、自分なりにまとめてみました。

目次

  1. GSNとは
  2. 前提
  3. GSNの要素
  4. 書き方の例

GSNとは

GSNというのは、フローチャートのように図で意味を表す方法の一つです。 議論を関係者が理解できるように構造化して可視化します。

前提

GSNで扱う議論の前提として、主張は階層的なものだと考えます。つまり、上位の主張があって、それをサポートする下位の主張があります。下位の主張がすべて正しいのであれば、上位の主張も正しいと考えます。

主張の階層を表す図

イメージ的に矢印が逆向きの感じもしますが、上位の主張を分解すると下位の主張になると考えてください。

ただし、GSNを使ったからといって、その議論構造が正しいとは限りません。 どういう主張を元にして最上位の主張に至ったかを示すだけで、最上位の主張に至る経緯や、主張を裏付ける証跡が正しいとは限らないのです。

GSNで主張の背景や考え方をわかりやすく明らかにして、それが正しいかどうかレビューすることが大切です。

GSNの詳細については、astahのサイト が参考になります。

GSNの要素

GSNは何種類かの図要素を線でつなげることで議論の構造を表します。 フローチャートが、何種類かの図要素を線でつなげることでフローを表すようなものです。

ゴール(主張)

主張のことをゴールと呼びます。 図要素は長方形です。

ゴールの図

ゴール1つあたり、主張は1つにします。 名詞フレーズと動詞フレーズの組み合わせになります。「○○は△△である。」という形です。

ソリューション(証跡)

主張が正しいことを裏付けるエビデンスです。 図要素は円です。

ソリューションの図

ソリューションには主張を含めません。事実やエビデンスのみを書きます。 ですから、名詞フレーズになります。「試験結果####による。」という形です。

ストラテジー

主張を下位に展開する際の展開の仕方です。 図要素は平行四辺形です。

ストラテジーの図

議論のアプローチの方法のようなものです。上位の主張を証明する際の証明「方法」といえばよいでしょうか。

コンテキスト

ゴールやストラテジーの背景や前提条件です。 図要素は側面が円弧の四角です。(この形って、名前があるのでしょうか。)

コンテキストの図

アサンプション

ゴールやストラテジーの前提となる仮定です。 この仮定の下でゴールやストラテジーを主張します。仮定自体は正しいかどうかわかりません。 図要素は楕円で、右下にAと書きます。

アサンプションの図

ジャスティフィケーション

ゴールやストラテジーの正当性を示す理由です。 ゴールやストラテジーに書かれているフレーズの根拠を示すものです。 図要素は楕円で、右下にJと書きます。

ジャスティフィケーションの図

アサンプションは「これは正しいかどうかわからないけど、こういう仮定で議論を進めるよ。」というのに対して、ジャスティフィケーションは「こういう理由なので、正しい前提で議論を進めるよ。」という感じでしょうか。

未展開記号

ゴールやストラテジーの展開が残されていることを表します。 図要素は菱形で、ゴールやストラテジーの直下に付加します。

未展開ゴールの図

接続記号

接続記号は2種類で、いずれも矢印です。

矢が黒塗りのものは、Supported byといって、推論または証跡の関係を表します。具体的には、ゴール、ストラテジー、ソリューションを結びます。

Supported Byの図

矢が白塗りのものは、In Cotext Ofといって、背景や前提関係を表します。具体的には、コンテキスト、アサンプション、ジャスティフィケーションを結びます。

In Context Ofの図

書き方の例

G2とG3が正しいならば、G1も正しい。

ゴールを接続する図

S1とS2の両方の筋道が必要。

複数の筋道がある図

ソリューションSn1とSn2の両方のエビデンスをもって、G1が正だと断言する。

ソリューションが複数ある図

C1はG1の範囲や制約を示す。 下位の構造のコンテキストと矛盾しないこと。

コンテキストの図

A1は正しいという仮定の下でG1を主張する。 A1は正しいかどうかわからない。 下位構造の要素にもアサンプションが適用される。

アサンプションの図

J1はG1の内容やフレーズに根拠を与えるもの。

ジャスティフィケーションの図

広告

モデリングカテゴリの投稿

  • EA14にGSNアドインをインストールする

    Enterprise Architect 14.0 build 1420にGSNアドインをインストールした手順です。 環境は、Windows10 Pro 64bitです。

  • GSNで注意すべきこと

    GSN(Goal Structuring Notation)のような構造化されたドキュメントというのはとても便利なものですが、危険なものでもあります。自分なりに危ないなと思ったところを記録しておきます。

  • GSNの描き方

    GSN(Goal Structuring Notation)というのはどういうものか、自分なりにまとめてみました。