Pythonのcanvasにマウスで線を描いてみる

Pythonのtkinterのcanvasウィジェットに、マウスで線(絵)を描いてみます。

目次

  1. どのようにして線を描くか
  2. 試してみた

どのようにして線を描くか

Pythonのtkinterモジュールのcanvasウィジェットに、マウスで線を描きます。

どのようにするかというと、 以前の投稿 のようにマウスをドラッグしたときのマウスポインタの座標を取得して、座標の取得毎に前の座標からの線を描いていきます。

意外と単純ですね。

Canvasウィジェットには描画されている内容をPostScriptで出力するメソッドがありますので、その機能を使ってPostScriptファイルに出力します。

試してみた

背景が白であることを前提に、黒で描くモードと消しゴムモード(白で描くモード)の切り替え用ラジオボタンが付いた簡単ペイントアプリを作ってみます。

import tkinter
from PIL import Image, ImageDraw

class Application(tkinter.Frame):
    def __init__(self, master=None):
        super().__init__(master)
        self.master = master
        self.master.title('tkinter canvas trial')
        self.pack()
        self.create_widgets()
        self.setup()

    def create_widgets(self):
        self.vr = tkinter.IntVar()
        self.vr.set(1)
        self.write_radio = tkinter.Radiobutton(self, text='write', variable=self.vr, value=1, command=self.change_radio)
        self.write_radio.grid(row=0, column=0)
        self.erase_radio = tkinter.Radiobutton(self, text='erase', variable=self.vr, value=2, command=self.change_radio)
        self.erase_radio.grid(row=0, column=1)

        self.clear_button = tkinter.Button(self, text='clear all', command=self.clear_canvas)
        self.clear_button.grid(row=0, column=2)

        self.save_button = tkinter.Button(self, text='save', command=self.save_canvas)
        self.save_button.grid(row=0, column=3)

        self.test_canvas = tkinter.Canvas(self, bg='white', width=600, height=600)
        self.test_canvas.grid(row=1, column=0, columnspan=4)
        self.test_canvas.bind('<B1-Motion>', self.paint)
        self.test_canvas.bind('<ButtonRelease-1>', self.reset)

    def setup(self):
        self.old_x = None
        self.old_y = None
        self.color = 'black'
        self.eraser_on = False
        self.im = Image.new('RGB', (600, 600), 'white')
        self.draw = ImageDraw.Draw(self.im)

    def change_radio(self):
        if self.vr.get() == 1:
            self.eraser_on = False
        else:
            self.eraser_on = True

    def clear_canvas(self):
        self.test_canvas.delete(tkinter.ALL)

    def save_canvas(self):
        self.test_canvas.postscript(file='out.ps', colormode='color')

    def paint(self, event):
        if self.eraser_on:
            paint_color = 'white'
        else:
            paint_color = 'black'
        if self.old_x and self.old_y:
            self.test_canvas.create_line(self.old_x, self.old_y, event.x, event.y, width=5.0, fill=paint_color, capstyle=tkinter.ROUND, smooth=tkinter.TRUE, splinesteps=36)
            self.draw.line((self.old_x, self.old_y, event.x, event.y), fill=paint_color, width=5)
        self.old_x = event.x
        self.old_y = event.y

    def reset(self, event):
        self.old_x, self.old_y = None, None

root = tkinter.Tk()
app = Application(master=root)
app.mainloop()

実際に描いているのは、paintという関数のところです。

Pillow.ImageDrawのイメージオブジェクトにも同時に描画していますが、これはCanvasウィジェットがPostScript出力しかできないからです。

PostScriptをPillowでレンダリングすることもできますが、その際にはPillowがGohstScriptを要求します。

というわけで、プログラム内部的に同時にイメージオブジェクトにも描画してしまって、加工や出力はイメージオブジェクトの方から行うわけです。

実際に動かしてみるとこうなります。

広告

PythonでGUIカテゴリの投稿