Pythonのrangeオブジェクトの中を覗いてみる

rangeオブジェクトの中身を表示してみます。

rangeオブジェクトは、開始値、終了値、ステップだけを決めておいて、これらから得られる要素を必要に応じて返すオブジェクトです。 ということで、単純にrangeオブジェクトの変数を表示させるとrangeオブジェクトとして表示されます。

実際に中身がどうなってるか確認したいことがありますよね。(無い?)

というわけで、rangeオブジェクトの要素を表示してみます。

やり方は単純で、listクラスのコンストラクタを使ってrangeオブジェクトのコピーを作り、それを表示させます。

list(R)
変数 内容
R rangeオブジェクト

試してみます。

>>> list(range(10))
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

>>> list(range(10,-10,-2))
[10, 8, 6, 4, 2, 0, -2, -4, -6, -8]

デバッグ用に使えるかな。

広告

Pythonのデータカテゴリの投稿