Pythonで等間隔の数字の列を作る(arange編)

PythonでNumPyを使って等間隔の数列を作ります。

目次

  1. numpy.arangeメソッドで数列を作る
  2. 数列の作成例

numpy.arangeメソッドで数列を作る

numpy.arangeメソッドは、等間隔の数列のndarrayを作るメソッドです。

本家のマニュアルでは、ステップ(数値の間隔)が整数でない場合は、 linspaceメソッド の使用が推奨されています。

arr = numpy.arange([start], stop, [step], [dtype])
変数 内容
start number 省略可。既定値は0。数列を開始する数値。
stop number 数列の終了値。
step number 省略可。既定値は1。数値の間隔。
dtype dtype 省略可。出力の型。指定しない場合は、他の引数から決定する。
arr ndarray 等間隔の数列。

数列の作成例

>>> import numpy as np

>>> np.arange(10)
array([0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9])

>>> np.arange(3,10)
array([3, 4, 5, 6, 7, 8, 9])

>>> np.arange(3,10,1)
array([3, 4, 5, 6, 7, 8, 9])
>>> np.arange(3,10,1.5)
array([3. , 4.5, 6. , 7.5, 9. ])

>>> np.arange(3,10,1,np.float)  # 型をfloatにしてみる
array([3., 4., 5., 6., 7., 8., 9.])
>>> np.arange(3,10,1,np.int) # 型をintにしてみる
array([3, 4, 5, 6, 7, 8, 9])

広告

Pythonの数値計算カテゴリの投稿