Pythonでグラフのコンテナを作る

Pythonでmatplotlibを使ってグラフをプロットするときに、軸や線を格納するコンテナを作ります。

目次

  1. matplotlib.pyplot.figureメソッドの使い方
  2. 作成例

matplotlib.pyplot.figureメソッドの使い方

from matplotlib import pyplot as plt

[f] = plt.figure([num], [figsize], [dpi], [facecolor], [edgecolor], [frameon], [FigureClass], [clear])
変数 内容
num int/str 省略可。規定値はnone。図の番号。自動的にインクリメントされる。
figsize intのtuple 省略可。規定値はシステムの設定による。横と縦の大きさ。
dpi int 省略可。規定値はシステムの設定による。解像度。
facecolor str 省略可。規定値はシステムの設定による。背景色。
edgecolor str 省略可。規定値はシステムの設定による。区切り線の色。
frameon bool 省略可。規定値はTrue。
FigureClass Figure 省略可。カスタムしたFigureクラスを使う場合に指定。
clear bool 省略可。規定値はFalse。Trueの場合は、既存の図をクリアする。
f Figure Figureクラスのインスタンス。

matplotlib.figure.Figureクラスのインスタンスを作ります。

グラフを描く用紙を準備すると考えれば良いと思います。

戻り値を指定しなくてもインスタンスが作成されますので、1枚だけグラフを描くというようにちょっと使うだけなら戻り値を指定しなくても大丈夫です。

作成例

y = sin(x) のグラフを描いてみます。

>>> import numpy as np
>>> x = np.linspace(0, 2*np.pi, 201)
>>> y = np.sin(x)

>>> from matplotlib import pyplot as plt

>>> plt.figure()
<Figure size 640x480 with 0 Axes>
>>> plt.plot(x,y)
[<matplotlib.lines.Line2D object at 0x1107b3cc0>]
>>> plt.show()

>>> plt.figure(facecolor='black')
<Figure size 640x480 with 0 Axes>
>>> plt.plot(x,y)
[<matplotlib.lines.Line2D object at 0x110ad32b0>]
>>> plt.show()

1枚目は全て規定値でプロットした場合のグラフです。

規定値でプロットした図

2枚目は、背景色を黒にしたものです。

背景色を黒くした図

広告

Pythonでグラフカテゴリの投稿