Pythonのリストの要素を式で作る

決まった法則で連続する要素のリストを作るとき、C#ですと要素を作ってlistにaddを繰り返したりしますが、Pythonの場合はリスト自体に式を使って要素を指定できます。 リストの内包表記と言うそうです。

forループを使ってリストを作ってみます。

>>> [x for x in range(10)]
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

forループとrangeオブジェクトを使ってxを0から9まで繰り返します。その結果の各々のxをリストの要素にします。

ループの変数に何らかの処理をしたものを要素にすることもできます。 例えば、変数xをべき乗にしてみます。

>>> [2**x for x in range(10)]
[1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512]

面白い仕組みですね。

広告

Pythonのデータカテゴリの投稿