ヤクルトとミルミルで腸内環境改善

ヤクルトとミルミルを飲み始めました。
朝夕の食後にどちらかを飲みます。
免疫細胞の活性化を狙います。

ヤクルト(乳酸菌シロタ株)の効果

乳酸菌シロタ株の大腸がん抑制効果については、ヤクルトからレポートが出ています。

シロタ株は下記のように作用するそうです。

  • 有害菌の増殖を抑え、有害菌が作る有害物質の量を減らす。
  • 腸内の発がん物質を吸着して、便と一緒に排泄する。
  • 免疫細胞(NK細胞)を活性化する。
  • シロタ株が作った乳酸を別の菌が酪酸に変換し、その酪酸が発がん物質を抑制したり、がん細胞に細胞死(アポトーシス)を促す可能性が高い。

大腸がんになってしまった私の体は、がん部および転移したリンパを切除したとしても、普通の人よりも体内のがん細胞の量が多いと想像できます。
ですから、NK細胞の活性化によるがん細胞の抑制と、酪酸によるがん細胞の細胞死というのは、とても魅力的です。

飲む量についてですが、「プロバイオティクスによる免疫調節作用」というレポートではシロタ株400億個/日という記載があります。
これは、ヤクルト400のことでしょうかね。

また、酪酸については、乳酸菌の他に酪酸菌が必要になります。
酪酸菌は薬剤で採る方法があるようなのですが、薬漬けになりそうなので、まずは食べ物でやってみたいと思います。
もともと腸内に居る酪酸菌を増やすには、食物繊維を多く採ることが大切だということなので、食物繊維についても調べていきたいと考えています。

ミルミル(ビフィズス菌BY株)の効果

ヤクルトの乳酸菌シロタ株は小腸で、ミルミルのビフィズス菌BY株は大腸で働きます。

ヤクルトのレポートでは、ビフィズス菌BY株が抗がん剤治療中の人の大腸内の細菌のバランスを調整する効果があったということです。
ということは、腸内の悪玉菌を抑える効果があるということです。
余計な感染症を予防することで、がん細胞に割り当てられる免疫力が増やせるかもしれません。

まとめ

以上のことから、しばらくヤクルトとミルミルを飲んでみます。
ヤクルトは、できればヤクルト400が良いのですが、どうやって入手しよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク