カメラとAIによる補正について考えたこと

Pixel3のカメラのAIによる暗部補正がすごい そうです。この記事を受けて、ソフトウェアでの補正さえあればカメラのメカ的な性能なんて低くてもかまわない的な意見を見まして、ちょっと考えてしまいました。

ソフトウェアが進化したらカメラの性能はどうでもよくなるのか

確かにPixcel3のAIによる補正は凄いし、自分のスマホにも載らないかなあと思います。ただ、それで光学系を含むメカがどうでもよくなるということはないのではないでしょうか。

CPUやGPUやAIチップやメモリや他の電子部品のの性能向上でソフトウェアでできることが増えたので、写真撮影に関するソフトウェアの比重が高くなっていくのは間違いありません。

これは光学系なんかどうでも良いということではなく、ソフトウェアにできることが増えたのでメカに要求される事柄が変わっていくということだと思います。

「撮れさえすれば、ソフトウェアでなんとかなる。」つまり、撮れなければどうにもなりません。いかに撮るかがメカに要求されてきます。

これからは、センサーには幅広いダイナミックレンジと高解像度と高速な読み出し(速いシャッター)が求められるのではないでしょうか。 レンズには、広い画角と高い解像度が求められるのではないでしょうか。 メカ的には、手ブレ補正とか早いフォーカスとか。

今まで求められていたことと、あまり変わらないですかね。

こういった補正は今もPhotoshopなどを駆使してユーザーが人力で補正していたりします。今のAIは最適化を自動化する技術ですので、現像ソフトウェアがAIに置き換わると思います。

伝統的カメラメーカーも、独自性を出すためにこのようなソフトウェアに力を入れないといけなくなるでしょう。

とは言え、ソフトウェアの出来ではソフトウェアメーカーにはかないませんので、カメラ的にはこれらのソフトウェアにとって扱いやすいデータを出力するものが売れるようになるのかもしれません。

AI搭載のスマホより良く写らないと売れないので、カメラはより高機能高性能高信頼性化し楽ちんワークフローを売りにするようになるのだと思います。 つまり、どんどんハイエンドに寄っていくでしょう。

あるいは、大容量や交換可能なストレージを武器にして、高解像度の映像の方に進むとか。

もしくは、スマホを取り出したくないフィールドに持ち出せるようにするとか。

持つ喜びとか撮る気持ち良さを演出するとか。

なんだか、ソニーやパナソニックやオリンパスがすでに手をつけてますね。

スマホで撮れるものがどんどん増えていくので、カメラアプリの起動より手間のかかるコンデジは減っていきます。今でもその傾向がありますが。

AIではGoogleやAdobeにかなわないでしょうから、どこで何を撮るかによってカメラを選び、機能によって現像ソフトを選ぶという状況になるでしょう。

今とあまり変わらないような。

補正の進化によって同一性能のカメラなら悪い条件でも良い画像が得られるようになるので、街中でコンデジを見かける機会はより少なくなると思われます。レンズ交換式カメラも、特徴を出せないと淘汰されるでしょう。そういう意味で、伝統的カメラメーカーの一般人の注目度は下がるかもしれません。

メカや光学系が進化し続けるプロ用と、趣味指向のものだけが残ったりしてね。

そのうち、カメラ雑誌が各社AIの補正傾向を比較する記事を書くようになったりして。

広告

未分類カテゴリの投稿

  • NHKのAIの番組を見て考えたことなど

    NHKのマネーワールドという番組を見て、ベーシックインカムについて少し考えてしまいました。

  • Pythonで描くリサジュー図形

    リサジュー図形(リサージュ図形)という図がありまして、それをPythonのmatplotlibを使って描いてみました。ついでにアニメーションしました。

  • カメラとAIによる補正について考えたこと

    Pixel3のカメラのAIによる暗部補正がすごい そうです。この記事を受けて、ソフトウェアでの補正さえあればカメラのメカ的な性能なんて低くてもかまわない的な意見を見まして、ちょっと考えてしまいました。

  • キーレスエントリーの電池を交換した話

    キーレスエントリーのキーの電池が切れるとのメッセージがメーターパネルに表示されたので、早速電池を交換してみました。車は、フィットハイブリッド(2015年モデル)です。

  • メキシコの北米向け自動車輸出

    アメリカのトランプ大統領が、メキシコからの輸入品に対する制裁関税を課すと発表しました。これを受けて自動車関連株に影響が出たとの報道がありまして、ちょっと考えてみました。

  • リサジュー図形を3次元的に描いてみる

    リサジュー図形(リサージュ図形)という図形がありまして、Pythonを使ってそれを3次元的にプロットしてみました。ついでにアニメーションもしてみました。

  • 自動車業界の近未来についての妄想

    SingulariySocietyというサロンで中島聡さんが 自動車業界の近未来 という投稿をされました。