• ホーム
  • PC
  • iPhone 8 Plusにして良かったことと悪かったこと

iPhone 8 Plusにして良かったことと悪かったこと

Xperia Z3からiPhone 8 plusに乗り換えたわけですが、使いやすくなったところと、使い勝手が悪くなったところがあります。iPhone 8 plusを数日間使ったところでのレビューです。

私自身がまだiOS初心者ですので、iOSを使いこなしているとは言えません。iOSで不便と感じたところには実は別のやりかたがあるのかもしれません。

目次

  1. やっぱり大きい。そして重い。
  2. アクセサリが多い
  3. ケースを付けると美しくない
  4. ブラウザが落ちない
  5. 指紋認証が便利
  6. タップで画面のオンオフができない
  7. マナーモードへの切り替えが物理スイッチなのには驚いた
  8. 充電の手間が増えた
  9. キャリアのプリインストールアプリが少ない
  10. アプリは買い直し
  11. 有料アプリの価格が高い
  12. ATOK passportが使えない
  13. kindleアプリから購入ができない
  14. アプリをまとめて閉じられない
  15. 全角スペースを入力できない

やっぱり大きい。そして重い。

わかっていてiPhone 8 plusを購入したわけですが、大きいし、重いです。改めてXperia Z3を持ってみるとすごく軽く感じます。肌身離さず持つのはちょっと辛いかも。しばらくしたら慣れてしまうのでしょうか。

アクセサリが多い

ケースやフィルムの選択肢は圧倒的にiPhoneの方が多いです。まあ、Xperia Z3は裸運用でしたのでこの手のアクセサリの少なさは問題ないのですが。iPhone 8 plusも背面がガラスになって美しいのに、カメラが出っ張ってるのがねえ。

ケースを付けると美しくない

Xperia Z3は出っ張りの無い形をしていてケースで覆うなんてもったいないという感じの端末なのですが、iPhone 8 plusはカメラが出っ張ってるんですよね。その出っ張りが嫌で安物ケースで覆ってしまうという。せっかく背面ガラスで綺麗なのに、なんだかなあという状態です。カメラで差別化する時代だからしょうがないのですかねえ。

ブラウザが落ちない

CPUが強力になったからか、メモリが増えたからか、サファリだからか、Xperia Z3のFireFoxで見てると落ちることが多かったサイトがiPhone 8 plusではスイスイブラウズできます。さすが最新の端末。

指紋認証が便利

Xperia Z3には指紋認証がありません。そういう時代の端末ですから。私のPCにも指紋認証がありません。実は指紋認証を体験するのは最近購入したiPadとiPhoneが初めてなのですが、便利ですねえ。こんなに便利なものだとは思いませんでした。

タップで画面のオンオフができない

Xperia Z3の便利な機能として、スリープ状態で画面をダブルタップするとスリープ解除する機能があります。セキュリティ的にどうなんだという機能ですが、便利でした。iPhoneでも指紋認証でスリープ解除するので、不便になったとは思いません。

ただし、Xperia Z3はホーム画面をダブルタップするとスリープにできます。アプリを使っていてもホーム画面には簡単に戻れるので、指の位置をあまり変えずにすみます。iPhoneの場合は端末右側面のスイッチを押してスリープにするわけですが、ちょっと面倒です。iPhoneの場合はホーム画面に戻るために下のボタンを押さなければならないわけですから、スリープ用のボタンを別につけた方が便利なわけです。これは、AndroidとiOSの設計思想の違いですよね。

マナーモードへの切り替えが物理スイッチなのには驚いた

Xperia Z3は画面の上端からメニューを引っ張り出してアイコンをタッチすることでマナーモードの切り替えをします。てっきり、iPhoneもコントロールセンターでできるのかと思ったら、iPhoneでは端末の左側面の物理的なスライドスイッチでマナーモードへの切り替えをするのですね。わかりやすいといえばわかりやすい。機能をメニューに集約するのが良いのか、従来の操作系を維持するのが良いのか、一長一短ですね。

充電の手間が増えた

Xperia Z3にはクレードルが付いてきて、それに乗せると充電してくれます。代わりに、端末側面に接点が付いています。iPhoneの場合はLightningケーブルを指す必要があります。コネクタの表裏を気にしなくても良いとはいえ、一手間かかります。Qiを使えということか。 iPadと充電器を共用できるのは便利です。

キャリアのプリインストールアプリが少ない

Xperia Z3はドコモで購入したのですが、最初にした作業は目障りな羊を消すことでした。Windows XPのイルカもそうでしたが、邪魔です。こういうのを企画した人は自分で使っているのでしょうか。iPhoneにもドコモのプリインストールアプリはありますが、Android端末に比べれば少数です。

アプリは買い直し

当たり前ですが、アプリは買い直しです。 問題は、テキストエディタなどの定番のアプリがわからないことですね。

有料アプリの価格が高い

Androidでも有料アプリをいくつか購入していました。ただ、それほど高価なものはありませんでした。私は普段使いするアプリは少ない方だと思いますが、iOSの方が高価で高機能な印象があります。例えば、ノートアプリに手書き文字の認識機能とか、AndroidアプリではMetaMoji noteくらいしか思いつきません。そのMetaMoji noteも、昔はMazecを買えば後から変換ができたような気がするのですが、現在ではサブスクリプション契約しないと後から変換ができなくなっています。

ATOK passportが使えない

AndroidとWindowsを使っていたので、複数端末で使えるATOK passportを使っています。ですが、ATOK passportはiOSに対応していません。支払い方法の関係でAppleの承認がおりないとか。だったらユーザーにはiOSのATOKを割引してくれれば良いのに。でもスクリーンショットを見たところ、iOSのATOKはqwertyキーボードに数字キーが無いのでiOS版ATOKは購入しないかな。そうすると、ATOK passportも契約している意味がなくなるような。

kindleアプリから購入ができない

ブラウザからは購入できます。本の購入はブラウザで、読むのはアプリで、ということです。

アプリをまとめて閉じられない

Androidは画面下端にメニューのアイコンがあって、それをタップするとアプリを切り替えたり、終了したり、まとめて終了することができます。iPhoneの場合はボタンを2回押すか、画面の左端を強く押して右にスライドすると、アプリの一覧が表示されます。でも、アプリを全部まとめて終了することはできないんですね。別に閉じなくて良いんじゃねというのがAppleの考え方なのでしょうか。 アプリの切り替えは、iPadのように画面下端からスワイプ2回の方が使いやすいと思うけど。

全角スペースを入力できない

iPhoneの標準のキーボードでスペースを入力すると、いわゆる半角スペースが入力されます。全角スペースはどうやって入力するんだろう。私にはわかりませんでした。実はあるサービスのユーザー名に全角スペースを使っていて、そのiOS版アプリからログインするときに全角スペースが入力できずに困りました。メールからコピペして対処できたけど。

ブラウザがサクサク動くようになったので、iPhoneへの乗り換えは概ね満足しています。Mac OSとの連携が便利らしいのでMacが欲しくなってきました。こうやってApple沼にはまっていくのでしょうか。

広告

PCカテゴリの投稿