iPhone 8とiPadの小技

iPhone 8およびiPhone 8 plusとiPadの小技です。iOSに慣れている人ならよく知っていることかもしれないのですが、Androidから移ってくると微妙に操作が違ってたりしてわからないんですよね。

目次

  1. iPhone8で画面上部に指が届かない
  2. qwertyキーボードで英大文字を連続入力したい
  3. Safariのタブをまとめて閉じる
  4. カーソルを移動したい
  5. 操作画面のビデオを撮りたい
  6. スクリーンショットを撮りたい

iPhone8で画面上部に指が届かない

ホームボタンをダブルタップすると、アプリの上端部が下に移動してくる。

qwertyキーボードで英大文字を連続入力したい

シフトキーを1回タップすると1文字目だけが大文字になり、シフトキーをダブルタップすると大文字を連続で入力出来る。

Safariのタブをまとめて閉じる

新規タブのアイコンを長押しすると、「全てのx個のタブを閉じる」というメニューが表示されるので、そのメニューを選択すると全てタブが閉じる。

カーソルを移動したい

カーソルを移動したい位置をタップすると、タップした位置にカーソルが移動します。

「1文字隣」とかのように微調整したい場合は、長押しするとルーペのように拡大表示されてカーソルを細かく移動できます。

iPhone8などの3Dタッチ対応機種で、文字入力画面でキーボードを強く押すと、キーボードがトラックパッドのようになって、指をスライドすることでカーソルを移動できます。

操作画面のビデオを撮りたい

「設定」の「コントロールセンター」で「画面収録」をコントロールセンターに追加します。するとコントロールセンターに画面収録のアイコンが追加されるので、その画面収録をタップして録画を開始します。

スクリーンショットを撮りたい

iPad proの場合は、上部側面の電源ボタンを押しながらホームボタンをクリックします。

iPhone8 の場合は、右側面のボタンを押しながらホームボタンをクリックします。

広告

PCカテゴリの投稿